査定士とは、中古自動車査定制度に基づく研修と試験をクリアした有資格者で、自動車を公正に評価する知識と技術を持っています。

査定におけるチェック項目や、買取り額が店舗ごとに違いすぎると中古車の流通に混乱が生じるため、中古車の評価には中古自動車査定制度によってある程度の基準が設けられているのです。

ですが、実際の中古車の査定は、車買取り店ごとに査定表のチェック項目やキズのカウント法などが微妙に違います。

また、車買取り店によって、買取りが得意な車種、中古車として販売する回転率、在庫管理にかかる経費の差や、、全国チェーンかどうかなども買取り額に影響を与えます。

そのため、たとえ査定士の有資格者に査定してもらったとしても、店舗によって買取り額が違ってくるのです。自動車一括査定では、この違いを一度に比較できるのです。

ところで、車買取り店で査定するのは、査定士の資格を持ったスタッフばかりではありません。

言葉の上では査定士と表現しているかもしれませんが、入社して研修を受けただけの新人の可能性もあります。不安を感じるなら、査定士の有資格者がいる店かどうか確認しましょう。

自動車売買契約書のポイントとは?

ここからは自動車売買契約書を取り交わす際に気をつけてもらいたいポイントをお話します。

買取金額の支払い期日

特に契約時に確認してもらいたい事項としては買取金額が事前に決定した金額と一致しているかもし、契約書に買取り金額が明記されていない場合はトラブルに巻き込まれないためにもきちんと明記してもらいうように求めてください。

自動車税未経過分の取り扱い

未経過分の返金が明記されているかどうかを確認してください。
通常であれば未経過分の税金は買取金額に含まれているはずではありますが、業者によっては未経過分の税金が買取金額に含まれていない場合もあるようなのでしっかり確認しておきましょう。

名義変更の時期

名義が変更されていない状態での事故の責任はこちらに来てしまいますし、税金の支払いのトラブルを避けるためにも、名義変更の時期も忘れずに確認してください。契約書にも名義変更の予定日を書いてもらい、車検証のコピーを送ってもらうと安心ですね。

以上のポイントに気をつけてあとで後悔しない愛車の売却を行ないましょう。

改造車を高価買取してもらうには専門店を探すのが手っ取り早い
http://evaspeer.com/home.html