自動車の動く部品はほとんど金属でできています。金属同士がこすれ合うと互いにすり減ってきしきしと音を発するようになります。しかしオイルを注いで濡らしておくと音はしなくなりすり減って行くスピードも遅くなります。車に使われているオイルも金属の部品同士がこすれ合い削れるスピードを遅くして、スムーズな動きを保持する目的で使われています。そしてこのオイルは長く使用すると汚れやたり量が減ってくるので定期的に交換するオイル交換が必要です。車に使われているいうオイルにはさまざまなものがありますが、交換をする代表的なものがエンジンオイルです。

エンジン内部はいろいろな部品がものすごいスピードで規則的な動きを繰り返しています。また燃焼もしています。物が燃えるとススが発生します。それがたまると規則正しい動きができなくなります。そして金属同士がこすれ合うと金属のカスが発生します。これらを洗い流しスムーズな動きを保つことがエンジンオイルの役目です。そしてオイルは長く使用するとススやカスで汚れて、オイルとしての機能を発揮できなくなるので定期的に交換しなければなりません。

オイル交換の目安は?

一般的には5000キロ走行するか半年か一年ごとに交換します。この他に車で使われているオイルで交換が必要なものにトランスミッションオイルがあります。これは車の変速機に使われているオイルです。変速機はマニュアルでもオートマチックでも走行時常に動いている部分です。スムーズな動きを保持するために使われています。

ただしエンジンオイルのように頻繁に変える必要はありません。走行距離が10万キロごとの交換で十分です。これ以外ではブレーキオイルがあります。これはブレーキパッドを交換する時に同時に交換すれば十分です。これ以外の車に使われているオイルで交換の必要はありません。車検の時のメンテナンスでチェックしてもらい不足気味なら補充してもらうだけで十分です。車を長く快適に乗るためには定期的にチェックして交換することが大切です。